冬の乾燥肌対策は化粧水の使い方で違う!【乾燥肌の化粧水・美容液】


麻布十番No.1エステティシャン塩澤麻衣が解説



湿度が低く、冷たく乾燥した風が肌を刺激する冬。
「いつも通りに化粧水をつけて、乳液をつけてもすぐに乾燥してしまう…」という方も多いのではないでしょうか?

冬になると、通常のスキンケアではすぐ肌がカピカピになってしまいますよね。

肌がバリア機能を失って、水分・油分のバランスが崩れて乾燥した状態になると肌はとても敏感になります。

日本人は顔をついしっかり洗ってしまいがちで、必要な潤いまで落としてしまっていることが考えられるからです。

洗顔料や洗い方を見直すことも必要かもしれませんね。
また、その上で乾燥に耐えられる肌を育成するスキンケアを試してみることも大切です。

保湿に優れた化粧水を取り入れることはもちろん、肌サイクルを正常にし、体の内側から整えるためにはどうすればよいでしょうか?

洗顔後の水分の拭き取り方にも方法があります!


まず、洗顔後の水分のふき取り方です。
タオルでゴシゴシと拭くのはNG。

洗顔後は皮膚がふやけた状態になるので、こするとタオルの繊維によって肌を傷めてしまいます。

決してこすらず、やさしく押して水分を拭きとりましょう。
やわらかいティッシュを一枚かぶせてふき取るだけでも十分です。

化粧水の種類・つけ方は?


次に化粧水の種類です。
洗顔後は化粧水ですぐに保湿することは大前提。

肌の水分を維持するために大切な角質細胞脂質であるセラミドや、保湿性の高いヒアルロン酸をはじめ、ビタミンC誘導体などの成分が 入っているものを選びましょう。

保湿力の高い化粧水として、ヒアルロン酸等の保湿成分が多く含まれたものを選ぶとよいでしょう。
ソフィーナのアルブラン薬用ローションなどおすすめです。

化粧水をたっぷりつけたあとは手のひらで顔をつつみこむようにして、化粧水を浸透させます。
手の体温でより美容成分が肌に浸透しやすくなるのです。

また、最近ではプレ化粧水といって、化粧水の前の導入用タイプも出ています。

プレ化粧水をつけるとその後の美容成分の浸透がよくなりますので、試してみてはいかがでしょうか?

化粧水以外にも、パックで肌状態を整えて!


肌に赤みのない方はクレイパックもおすすめ。乱れた状態の角質を自然にオフしてくれます。
マイルドな使用感で角質を取り除き、正しい肌状態に整えてくれる手助けをしてくれるのです。

クレイパックでおすすめなのがスリーやコスメデコルテから出ているもの。

香りも良く、仕様後は肌が驚くほどしっとりしていて、その後の化粧水もよく浸透します。


冬のスキンケアは、化粧水の使い方やつけ方を少し変えるだけで見違えるほどもちもちの肌をキープすることができるんです。

正しいスキンケア方法を知り、厳しい冬を乗り越えましょう♪




塩澤麻衣に学ぶ!乾燥肌のためのコンテンツ

乾燥肌のための美容液・化粧水【麻布十番塩澤式】
プチプラ化粧水とは?人気の秘密はコレ!
乳液や化粧水の効果的な使い方(乾燥肌編)
ドラッグストアで買える!乾燥肌化粧水!
化粧水がしみる時は乾燥肌の黄色信号!
化粧水選びは口コミを参考に!
乾燥肌さんいらっしゃい!化粧水ランキング
安い化粧水を選んではいけない理由とは?
オーガニック化粧水がスゴイ!乾燥肌にもオススメ!
夏の乾燥肌は化粧水選びが重要!
冬の乾燥肌対策は化粧水の使い方で違う!
【10代女性】乾燥肌化粧水の選び方のポイントとは?
【20代女性】乾燥肌化粧水の選び方のポイントとは?
【30代女性】乾燥肌化粧水の選び方のポイントとは?
【40代女性】乾燥肌化粧水の選び方のポイントとは?
【50代女性】乾燥肌化粧水の選び方のポイントとは?
【これで解決】化粧水がヒリヒリして痛い時の対処法
学生でも手が届く!コスパがよい化粧水の選び方とは?
これで潤う!セラミド化粧水の見極め方!
オススメの乾燥肌化粧水の成分はこれがいい
乾燥肌の方のための、小じわケアは化粧水をこう使う!
そばかすを消すのに効果的な化粧水の選び方とは?
乾燥肌で美白になりたい方は化粧水をこう選ぶ!
化粧水にはコットンを使うべき理由と上手な使い方
ベタつかない!乾燥肌の方の、化粧水での保湿ケアのコツ

乾燥肌向け美容液・化粧水は【麻布十番塩澤式】